歯科検診の大切さ

歯を磨く外国人女性

歯は人にとってなくてはならないもので、まず何よりも食べることに必要で、確かに入れ歯や差し歯などでも機能としては問題ないかもしれませんが、破損や外れるかもという不安は常にあるでしょうし、何よりも自分の歯で食べるというのは美味しく感じるものなのです。そしてしゃべることにも必要となってきて、歯はいつまでも健康でいてほしいもののひとつなのです。それにも拘わらず人の機能の中で最も病気に侵されやすいのが歯で、虫歯や歯周病は当たり前のように身近にあって苦しませてきますし、ほかにもトラブルは多く起こるのです。そんなときに必要となってくるのが定期的な歯科検診で、面倒でも嫌でも歯科医には定期的に通うのが必要となってくるのです。

歯科医を嫌がる人は昔、虫歯の治療をして痛かった、怖かったというトラウマ的なものが染みついている方が多いかと思います。それと時間的な都合がつかない、待ち時間が長くて面倒、会社などで健康診断をしているのだからわざわざ歯の検診をしてもらう必要はない、そんなものが多いと思います。しかしながら歯の重要性は分かっているでしょうし、健康診断では追いつかないことがあるのです。確かに時間はとられますが、歯科医での定期検診で虫歯の兆候が見つかれば早めの治療に取り掛かることができるのです。そうすれば虫歯の治療のために通う必要がなく、長い目で見れば定期検診を受けるほうがずっと時間的にも、経済的にもいいのです。ぜひとも定期的に歯科医にいってください。