歯科医という仕事

口をあける

歯医者の数は現在コンビニよりも多くなり、かと競争がかなり激しくなっています。 その為に潰れる歯医者が急増しました。 歯科大学に入るのが容易になったわけではなく、国家試験の合格率が急沸したためであり、これは学生の勉強力が大きく強くなったわけではなく、問題が簡単になったと言われています。 現状石を投げると歯医者に当たるとまで言われており、この現況を乗り切るには、技術の向上とサービス精神が大切になってきています。 痛くなくそしてスピーディーに笑顔を絶やさず優しくが一番良い方法ですが、人によってはそれが合わない人もいます。 やはりまずは技術を磨くのが先決であり、その後歯科衛生士の選び方にも気をつけ、事務には笑顔の素敵な方をおきましょう。

現在歯医者が多く最悪の仕事環境でどんどんつぶれていっていますがこれはある意味、次へのステップと言えます。 多くなりすぎた歯医者を淘汰する為に国家試験自体が今後難しくなります。 それに伴い、歯科医自体が減少し、現在生き残っている人たちもどんどん年を取ります。となると後10年後ぐらいに歯科大学を目指せば、もう歯医者自体が少なくなっているはずです。 そして、かと競争もなくなり、優秀な歯科医だけが残ります。 そうなるとこれから歯科大学に行った方にとっては、就職後、技術も磨けるし、かと競争もなくなっているのでゆっくりと自立に向けて進めると思います。 今小学生のお子さんがいる方などは、歯科大学を考えてみると成功するのではないでしょうか。